news

現在も続いているオーストラリア火災。
知り合いが現地にいることもあり、様子を聞いたところ
日本で報じられているよりだいぶ悲惨なようです。
ワイナリーも被害をうけており、その中でもオーストラリアで有数のワイン産地が大きな被害をうけています。
今回はその被害の実態と、僅かながら私たちにできることをまとめました。

1:今回の山火事の発端


山火事は例年、9月にクイーンズランド(オーストラリア北東部)から始まり、
その後オーストラリア東部をゆっくりと南下し、
1月から2月にかけて東部南端に達するのですが
今回は例年より開始が早く、また記録的な干ばつと乾燥からくる風の影響で
過去数十年で最悪の被害になっています。

2:有名ワイン産地の被害の現状

今回の山火事で大きく被害を受けているのは農作物や動物たちで、コアラやカンガルーの被害が
報道されていますが、東部のワイン産地アデレード近郊のワイナリーは特に被害が大きく、
数々のワイナリーが畑を焼失しています。被害額は2000万豪ドル(約15億円)と報道されていますが
豪政府が発表した援助が必要なワイナリーはアデレードヒルズだけでも10数ワイナリー。
ワイナリーの施設や畑にかかる初期費用は小規模でも5000万~数億円。
今回被害報告されているワイナリーには大規模ワイナリーや老舗のワイナリ―も含まれるため
少なくとも復興に20~30億は必要です。
その他、アデレードヒルズだけではなく、別の地域のワイナリーも含めると100億近い被害額、
復興には数百億必要になってくるのではないかと考えております。

3:支援と今後

現在も収束が見えない状況ですので被害は悪化の一途をたどっています。
色々な有名人が個人で寄付を行っており、最近日本の有名人では
X JAPANのYOSHIKIが1千万円を寄付しました。
身近にできる支援としては
・各団体への募金
・コアラのマーチを買ってコアラ基金に売り上げの一部を寄付
・現在購入できる被害を受けてワイナリーのワインを買う
直接ワイナリー売り上げに貢献もできますし、今後被害を受けたワイナリーのワインは
購入が難しくなり、手に入らない、もしくは高騰することが考えられます。
高級ワイナリーならなおさらです。支援をするという意味でも今のうちに購入するのがベターです。

4:ヴィヴァッカスでもワインチャリティー開始


現在深刻な問題となっているオーストラリア森林火災で多くのワイナリーが被害を受けています。
普段は100%イタリアのグラスワインを扱っていますが、ワイナリー支援に国境はないと考え、
支援の意をこめて実際に被害のあった2つのオーストラリアワインを扱うことにしました。
1:ヴィンテロパーワイナリー
12ヘクタールの畑を含め家屋やインフラ設備等30ヘクタールの所有物をすべて火災で失ってしまいました
2:バードインハンドワイナリー
所有している畑の半分以上が焼け、畑の復帰のめどがたっていない

チャリティーということでたくさんのワインを提供したいので全て仕入れ値で提供します。
出来るだけたくさんの方々に彼らのワインを知って頂き、一時的なサポートではなく
これから先、当店以外でも彼らのワインを飲んで頂けるようになればと考えております。
是非、彼らのワイン支援をして頂ければと思います。

恐ろしいのはこれからピークを迎えるとも言われていることです。
ワイナリーにとっては迅速な復旧とはなかなか難しいのが現状ですが、
素晴らしいワイナリーのワインが飲めなくなるのは悲しいので
支援が集まり、また素晴らしいワインを造ってもらえることを願うばかりです。

We sell wines made from Australian winery that dameged much by bush fires.
We are italian restaurant but no border to help winery.
Praying for everyone, every winery affected and all of brave firefighters.
I wolud love you would do any support to them.

コメント

    • 阿部芳實
    • 2020年 1月 23日

    実に大変ですね。お気の毒です。
    ワインを支援の意味で買う場合、お店へ出向けばいいのですか?

      • vivacchus
      • 2020年 3月 05日

      阿部様
      コメントに気づかず、返信が遅くなり、大変失礼いたしました。
      ワイナリー支援していただくには、店内での消費をお願いしております。
      今はだいぶ数少なくなってきましたが、ご支援いただければ大変ありがたく思います。

  1. この記事へのトラックバックはありません。