ブログ

あのトランプも!?今注目すべきワインといえば…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

巷では就任式の演説が色々物議を醸しだしておりますが、
そのトランプ氏も実はワイナリーを所有しており、
今や彼の(正確には彼の息子が経営している)ワインの売り上げは超超絶好調!!

Trump_Winery
そのトランプワイナリーも関連していて、彼が有名になる少し前から、
注目を浴びていたワインがあるのです。

まず、アメリカのワイン産地と聞いて思い浮かぶのはどこでしょう?
そう、カリフォルニアですよね。
その中でも特に有名な地域といえば、N、A、P、A、ナパです。
今や数万円もするカルトワインがゴロゴロしている
いわゆるアメリカワインのブランドとなっている場所ですね。
代表的なものはカベルネソーヴィニヨン、シャルドネ。
力強く、樽が効いたわかりやす~いものが多く作られています。
いかにもアメリカ人が好みそうな味わいのものです。

その次に有名なのがオレゴン、ワシントン、ニューヨーク、、、と続きます。
大体この辺りまでは聞いたことがある方も多いのですが、
実はそれらの州の陰に隠れた少し前からじわじわと注目度を高めているエリア、
それがあのトランプ氏もワイナリーを所有している
ヴァージニア州なのです。

virginia

ヴァージニアワインはアメリカワイン産業の目玉とされていて
昨年も過去最高売り上げを記録するなど
(おそらくトランプワイナリーの貢献度は大きいでしょうが)
今や成長目覚ましい州でもあります。

ヴァージニアは住むにも注目のエリアで、
アメリカで最も裕福な郡、フェアファクス郡があり、
上品かつ、自然にあふれた場所として、隣接したワシントンDCに住むより、
フェアファクスの方が同じ値段で、何倍もの広さの家に住めるということで
政治家、軍関係者や有名経営者に人気の地域でもあります。

お金持ちがいるならワインも当然品質の高いものが好まれよく売れます。
品質が高いなら値段も…と思われるでしょうが、
前述したようにヴァージニアはまだまだワイン産地としては目玉の場所で
ブランドワイナリーも少ないため、「高品質・低価格」のものが多いのです。

virginia wine

そんなヴァージニアワインで注目すべき品種はカベルネフランヴィオニエです。
カベルネフランは柔らかく、どちらかというと軽めの赤ワインを創り出す品種で、
ヴィオニエは香り良くバランスの良い酸味の少ない白ワインを造り出す品種です。
いわゆるカリフォルニアなどのがっつりしたカベルネソーヴィニヨンやシャルドネとは一線を画し、
エレガント、かつ親しみやすさがあるワインが多く造られています。

また景観とアクセスのよさからワイナリーツアーもヴァージニアの重要な産業の一つです。

winery picnic

その他にヴァージニアはアメリカ3代目大統領であるトマス・ジェファーソンの
ゆかりの地としても有名ですが
彼は大変なワイン愛好家でもあり収集家であった為、
そのジェファーソンの所有ワインを巡って一騒動あったことは周知のとおりです。

こんなにワインに所縁があり、良品質ワインも多く、ワイナリーツアーも充実している
ヴァージニアがなぜ今まで注目されなかったのかは謎ですが
トランプ旋風も追い風になりどんどん発展、注目されていくことでしょう。

ヴァージニアワイン、もし飲んだり買う機会があれば、是非試されてはいかがでしょうか。
アメリカに行く方なら是非ワイナリーツアーに行き買って帰られることをお勧めします。
ワインを楽しむときの話題としても今、ちょっとしたネタにいいですよね。

こんなものも…私は飲んだことありませんが、意外と高評価のようです。
このワインのファンには民主党の議員もいるらしいですよ。笑

trump wine

~「Masakiワインメソッド」をマスターすればワイン選びに失敗しません~
~本町・淀屋橋のイタリアン、ワインバーならヴィヴァッカス~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*